本文へ移動

ごあいさつ

(一社)滋賀県労働者福祉協議会 会長 柿迫博 より ご挨拶

福祉はひとつ

 わたしたち滋賀県労福協は結成以来、「すべての働く人の幸せと豊かさをめざして、連帯・協同で安心・共生の社会をつくる」をスローガンに労働者福祉運動を推進してまいりました。そして現在、2030年までに「貧困や社会的排除がなく、人と人のつながりが大切にされ、平和で安心して働き、暮らせる持続可能な社会」を目指す社会像に掲げ、時代や社会の変化と今後を見据えて「福祉はひとつ」を合言葉に運動を展開しています。
今、広がる格差と貧困、強まる自己責任論、雇用の劣化と家計負担の限界や男女間格差など深まる持続可能性の危機をどう乗り越えていくのかを超少子高齢化による人口減少社会の到来や社会的孤立の広がりなど日本が抱える課題と向き合いながら考え、行動に移していく事が重要です。
 そのためにも全国福祉強化キャンペーンや行政への政策制度要求、くらサポしがでの相談対応など、これまでの事業の強化はもとより、時代の変化や生活者のニーズに対応した新たな事業にも挑戦をしていく所存です。会員各位をはじめ事業団体の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 合言葉は「福祉はひとつ」。誰も取り残さない社会をみんなでを創っていきましょう! どうぞよろしくお願いいたします。
 
      滋賀県労働者福祉協議会
        会長  柿迫 博

一般社団法人
  滋賀県労働者福祉協議会

〒520-0806
滋賀県大津市打出浜2番1号
コラボしが21
TEL.077-524-6290
FAX.077-523-4070


1.労働者一般福祉事業
2.くらしサポートセンター


TOPへ戻る